犬暴行の映像、警察が飼い主聴取 通報相次ぎ保護、福岡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福岡市で犬に暴行を加える男性の映像がツイッターに投稿され通報が相次いだ問題で、福岡県警早良署が動物愛護法違反の疑いで、飼い主の男性から任意で事情を聴いていることが20日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、署は犬を保護し、男性が暴行していたとみて裏付けを進めている。

 映像は同市城南区で撮影したとされ、17日に投稿があった。小型犬を散歩させていたとみられる男性が、リードで首つり状態にして地面に何度もたたきつけたり、殴ったりする様子が写っていた。インターネット上で拡散され、署には映像を見た人からの電話が相次いでいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事