阪神の守屋投手、暴行を否定 妻が手を上げたと主張
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 球団事務所で記者会見するプロ野球阪神の守屋功輝投手=23日、兵庫県西宮市

 妻に暴行してけがをさせたとして、傷害の疑いで書類送検されたプロ野球阪神の守屋功輝投手(26)が23日、兵庫県西宮市の球団事務所で記者会見し「夫婦げんかが日常茶飯事で妻の方から暴れだして、止めるために手首を持ったことはある。暴力というのはおかしい」と暴行を否定した。球団は2月1日からの春季キャンプに参加させる意向でいる。

 会見冒頭に今回の騒動を陳謝した守屋投手は逆に妻からモラルハラスメントを受けたり「何か妻が思い出すと手を上げられたり」したと反論。グラブやかばんを壊されたこともあったといい「精神的にきつかった」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事