自衛隊の装備品試作の情報流出か 三菱電機へのサイバー攻撃で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 防衛省は10日、三菱電機がサイバー攻撃を受け、自衛隊の装備品の試作に関する入札の情報が流出した可能性があると公表した。慎重な取り扱いを求める「注意情報」で、試作に求めた性能や入札の評価基準が含まれていた。防衛装備庁は「安全保障上の影響は精査中」としている。

 三菱電機は1月20日、サイバー攻撃を受けたことを公表した際、防衛や電力など社会インフラに関する重要な情報の漏えいを否定していた。防衛省は「このような事案が生起したことは誠に遺憾」とのコメントを出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事