比で拘束の日本人9人を逮捕 警視庁、特殊詐欺容疑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィリピン入国管理局が昨年11月、特殊詐欺に関与した疑いのある日本人の男36人を首都マニラで拘束した事件で、警視庁捜査2課は24日、うち9人を日本に移送し、財務省職員などを装いキャッシュカードを盗み取ったとして窃盗容疑で逮捕した。現地で拘束されている他の男らについても捜査を進め、日本に移送する方針。

 捜査2課によると、2018~19年、同様のだまし文句で高齢者らからキャッシュカードをだまし取る被害は各地で計約1700件、15億円に上り、関連を調べる。

 逮捕したのは、いずれも住所、職業不詳の20~59歳の男9人。日本に電話をかける「かけ子」とみられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事