小5女児の「死にたい」聞いた 学校アンケートで複数証言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪市立小5年の女子児童(11)が昨年9月、いじめをうかがわせるメモを残して自殺した問題を巡り、学校が実施したアンケートに複数の同級生が「女児が死にたいと言うのを聞いたことがある」と回答していたことが12日、市教育委員会への取材で分かった。

 松井一郎市長は同日午後の記者会見で「言いようのない悲しい事案だ」と述べ、専門家の協力を得て、市教委が遺族の心情に寄り添った調査をすべきだとの考えを示した。

 市教委によると、アンケートは女児の死から約1カ月後の昨年10月下旬に実施。女児の様子や悩みについて、同学年の児童に記名式で尋ねた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事