中学生のいじめ映画、静岡で上映 元文科官僚の前川氏ら舞台でPR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 映画の上映後、舞台あいさつする元文部科学官僚の前川喜平さん=28日午後、静岡市

 中学生の貧困やいじめの問題を描いた映画「子どもたちをよろしく」(隅田靖監督)の上映と舞台あいさつが28日、静岡市内の映画館で行われ、企画した元文部科学官僚の寺脇研さん(67)と前川喜平さん(65)が約100人の観客に映画に込めた思いを語った。

 映画では、男子中学生が同級生のいじめに遭い、ギャンブル依存症の父親しかいない家庭でも居場所を失って、追い詰められていく。一方でいじめる側の男子中学生の家庭も父親の暴力が横行し、姉が派遣型風俗店で働かざるを得ないなど、問題を抱えている様子をリアルに伝える。寺脇さんは制作に携わり、前川さんも脚本に助言するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事