介護職まだマスク不足 労組、政府に要請
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの感染拡大に関し、介護職員らでつくる労働組合の日本介護クラフトユニオン(東京)は15日、介護現場でマスクや消毒液、防護服が依然として不足しているとして、政府に改善を求める要請文を発表した。

 ユニオンによると、政府が介護事業所、施設に布製マスクを配布しているが「1人1枚で洗い替えがない」「マスクが小さくて小顔の人しか使えない」などの声が出ている。要請文は「安定供給に向けた措置を講じるべき」としている。

 このほか「介護職は高齢者の食事、排せつ、入浴ケアで感染リスクが極めて高い業務を行っている」として、介護職が感染した場合の労災認定を求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事