「コロナ感染」警官にうそ、横浜 業務妨害疑いで書類送検
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 警察官に「新型コロナウイルスに感染している可能性がある」とうそをつき、業務を妨害したとして、神奈川県警戸部署は8日、軽犯罪法違反の疑いで、横浜市西区の自称ゲーム代行業の男性(25)を書類送検した。

 署によると、男性は住んでいた短期賃貸マンションの家賃を約16万円滞納。3月ごろからコロナの影響で仕事が減り、毎月10万~15万円あった収入が無くなったといい、「家賃が払えなくなったが、コロナで世の中大騒ぎしているので感染していると言えば何とかなるかと思った」と供述している。

 書類送検容疑は、感染疑いとうそをつき、交番の除染作業などで県警の業務妨害をした疑い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事