口座のない「反社勢力」は除外 高知市の10万円早期支給
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルス対策で国民1人に10万円を配る特別定額給付金を巡り、高知市が生活困窮者に早期支給する特別窓口を設けた際、口座がない場合の受給手段の記載欄を申請書に設けていなかったことが4日、市への取材で分かった。市の担当者は共同通信の取材に「口座を持たない人は暴力団などの反社会的勢力の人が多い」と話し、早期給付には特定の人物の除外は仕方ないとの認識を示した。

 岡崎誠也市長は同日の記者会見で「口座がない人を反社会的勢力と認識して排除していることはない」と反論した。市は今月11日に各世帯に発送する申請書からは、口座がない人用の欄を設ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事