東北北部の梅雨明け、判断せず 天候不順で気象庁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 気象庁=東京都千代田区

 今年の東北北部(青森、岩手、秋田の各県)について、気象庁が梅雨明けを発表しない見通しとなった。発表は暦の上で秋が始まる「立秋」(今年は8月7日)までが目安。前線や低気圧の影響で7日も天気が安定せず、判断を見送る。平年の明けは7月28日ごろ、昨年は同31日ごろだった。

 天候を精査し、最終的に梅雨の期間を確定させる9月には、さかのぼって梅雨明けの時期を定める可能性はある。東北北部は過去6回、梅雨明けの発表を見送っている。

 気象庁によると、東北北部の梅雨入りは6月14日ごろだった。7日も北日本(北海道・東北)は天気がぐずつく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事