IR贈賄側に懲役10月求刑 「犯行に積極的に関与」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 加森公人被告

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、衆院議員秋元司容疑者(48)=収賄罪で起訴、組織犯罪処罰法違反容疑で再逮捕=に対する贈賄罪に問われた「加森観光」(札幌市)の前会長加森公人被告(77)の公判が17日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)で開かれ、検察側は懲役10月を求刑した。

 論告で「北海道留寿都村へのIR誘致を熱心に訴え、犯行に積極的に関わった。IR政策への信頼を著しく失墜させた悪質な犯行だ」と述べた。

 弁護側は、贈賄の意思は非常に弱く、主導したのは中国企業「500ドットコム」社側で、加森被告は従属的な立場だったと主張している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事