機内放送、中立表現に変更 日航の英語アナウンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国際線の搭乗口で英語のアナウンスをする日航の地上スタッフ=1日午前、羽田空港

 日航は1日から、機内や空港で使用していた「ladies and gentlemen(レディース・アンド・ジェントルメン)」の英語アナウンスを廃止し「all passengers(オール・パッセンジャーズ)」「everyone(エブリワン)」などジェンダーに中立的な表現に変更した。

 日航は「無意識に性別を前提とする言葉を使っていた。これからは誰もが利用しやすい環境をつくりたい」としている。

 1日午前10時すぎ、羽田空港の国際線搭乗口では、地上スタッフの女性がこれまで使用していた表現を一切用いず、ヘルシンキ行きの航空機に乗客を案内していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事