「立皇嗣の礼」を登録 宮内庁、皇統譜に署名
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「立皇嗣宣明の儀」を行った事実を登録した皇統譜=24日午後、宮内庁書陵部

 宮内庁は24日、天皇と皇族の戸籍に当たる「皇統譜」に、秋篠宮さまが皇位継承順1位の皇嗣となられたことを内外に示す「立皇嗣の礼」の中心儀式「立皇嗣宣明の儀」を今月8日に行ったと登録した。

 皇統譜は、天皇、皇后両陛下の身分について記載した「大統譜」と、他の皇族について記した「皇族譜」の総称。宣明の儀は、皇族譜に記載された。24日は宮内庁書陵部で、西村泰彦長官らが正本と副本に毛筆で署名し、手続きを終えた。

 宣明の儀は国事行為として、皇居・宮殿で実施され、秋篠宮さまが皇嗣となったことを天皇陛下が宣言。秋篠宮さまが決意を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事