関西水俣病訴訟川上敏行氏が死去 元原告団長、救済の道広げる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 死去した川上敏行氏

 水俣病の被害拡大に関する国と熊本県の責任が認められ、未認定患者救済の道を広げた関西訴訟で原告団長を務めた川上敏行(かわかみ・としゆき)氏が18日午前11時58分、老衰のため大阪府東大阪市の病院で死去した。96歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長女山口(やまぐち)ひとみさん。

 1968年に大阪に移り住み、82年、関西地区の未認定患者が国と熊本県などに損害賠償を求め起こした関西訴訟で原告団長を務めた。2004年の最高裁判決は国基準よりも広く被害を認定。未認定患者への一時金支払いを定めた09年の特別措置法施行につながった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事