遺族、甲府地検の説明に「失望」 笹子トンネル事故の不起訴処分で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年に9人が死亡した中央自動車道笹子トンネル(山梨県)の天井板崩落事故から8年となった2日、遺族の一部と弁護士が甲府地検を訪れ、中日本高速道路の関係者全員の業務上過失致死傷容疑を不起訴処分とし、今年4月に終結した捜査の説明を求めた。地検から詳細な理由の説明はなかったといい、遺族らは「失望した」と不満を表明した。

 遺族によると、次席検事と当時の担当検事が対応し、点検担当者への聞き取りなど、甲府検察審査会が再捜査すべきと指摘した項目を説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事