岡山の養鶏場で鳥インフル 今季9県目、64万羽処分へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 岡山県美作市の養鶏場で作業する自衛隊員ら=11日午前(岡山県提供)

 岡山県は11日、同県美作市の養鶏場の鶏からH5型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。高病原性の疑いがある。県は自衛隊に災害派遣を要請し、飼育されている採卵用鶏約64万羽の殺処分を始めた。

 今季の養鶏場での発生は香川、福岡、兵庫、宮崎、奈良、広島、和歌山、大分に続き9県目で、岡山の養鶏場では2015年1月以来。

 岡山県によると、10日に養鶏場から通報を受け、簡易検査で陽性が判明。11日に遺伝子検査で確定した。殺処分完了には11日程度かかる見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事