暴力団工藤会トップに死刑求刑 市民襲撃4事件、福岡地裁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 野村悟被告、田上不美夫被告

 特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関わったとされる一般市民襲撃4事件で、殺人と組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの罪に問われた会トップの総裁野村悟被告(74)らの公判が14日、福岡地裁であり、検察側は「組織犯罪として類例を見ない悪質さだ」として、野村被告に死刑を求刑した。ナンバー2の会長田上不美夫被告(64)には、無期懲役と罰金2千万円を求刑した。

 3月11日に最終弁論があり、結審する見通し。

 検察側は論告で、工藤会の組織性は強固だとして、襲撃に野村被告の関与がなかったことはありえないと指摘した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事