兵庫、「うちわ会食」計画中止 コロナ防止効果の検証不十分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 兵庫県の井戸敏三知事は14日、新型コロナ対策として、「まん延防止等重点措置」対象の県内4市の飲食店に計32万枚のうちわを配布する計画を中止すると表明した。会食中に顔の前にかざして使う「うちわ会食」を呼び掛けていたが、神戸市から「飛沫防止効果があるのか検証が不十分だ」と配布しないよう申し入れがあったことを踏まえた。

 井戸氏は「会食時にうちわがあれば感染を防げるとは申し上げていないが、そう誤解されている向きもある」と釈明。「飲食店で配るのはどうかという指摘はもっともだ」と説明した。うちわは感染予防の啓発グッズとして飲食店以外で配ることを検討するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事