死亡の男に騒音トラブル、大阪 同じ階の住人と、女子大生殺害
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪府大東市のマンション3階の一室で、住人の大学4年吉岡桃七さん(21)が殺害された事件で、真下の2階の部屋で暮らし、事件直後に起きた火災で死亡したビルメンテナンス会社社員の男(48)が、同じ階の住人の男性と生活音を巡ってトラブルになっていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 吉岡さんと男の接点は確認されていないが、男が近隣の生活音に過敏になっていた可能性があり、府警は吉岡さんとの間にも同様のトラブルがなかったか捜査している。

 すでに引っ越したという男性によると、3~4月、夜や未明に男の部屋から複数回、壁をたたく音がした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事