東芝テックにサイバー攻撃 米石油管停止に関与の集団
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国最大級の石油製品パイプライン停止に関与したとされるロシア系のハッカー集団「ダークサイド」が、東芝グループから機密情報を盗んだとしてインターネット上に犯行声明を出したことが14日、分かった。東芝テックは欧州子会社がサイバー攻撃を受けたことを認め「データを流出させた可能性が高い」と説明している。

 ダークサイドは匿名性の高い闇サイト「ダークウェブ」上に、東芝グループのフランスの拠点から740ギガバイト以上の機密情報を盗んだと宣言。製品や人事などの情報が含まれるとしており、情報を元に戻す見返りに金銭を要求するコンピューターウイルスに感染させたとみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事