首都高で車が川に転落、男性死亡 15メートル下に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日午前4時50分ごろ、東京都墨田区の首都高速道路で乗用車が約15メートル下の隅田川に転落する事故があった。警視庁高速隊によると、運転していた茨城県小美玉市の飲食店従業員槍崎湧太さん(22)が車両から救出されたが、搬送先の病院で死亡した。

 高速隊によると、槍崎さんは両国ジャンクションを都心方面に走行中、ハンドル操作を誤って左側の側壁にぶつかり、弾みで反対側のバリケードに衝突して側壁を乗り越えたという。現場は緩やかな右カーブだった。

 同乗者はいなかったとみられ、他にけが人はいない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事