九州大雨、熊本で78歳不明 一時避難指示、浸水被害も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 熊本県山都町の川周辺を調べる警察官=17日午後2時58分

 梅雨前線の影響により17日は九州各地で大雨となり、自治体が警戒を呼び掛けた。熊本県などによると、山都町で畑を見に行った女性(78)が行方不明になった。同県益城町は一部世帯に一時避難指示を出した。県は益城町と小国町で、床上浸水4棟、床下浸水11棟を確認したと発表した。

 気象庁によると、山都町では17日早朝に1時間に90・5ミリの猛烈な雨を観測。同日の3時間と6時間の降水量(最大値)はそれぞれ202・5ミリ、232・5ミリに達し、観測史上1位の値だった。

 山都町の女性は午前6時すぎ「畑の様子を見に行く」と車で外出し、家族が山都署に通報した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事