スーツケース内に遺体、滋賀 琵琶湖岸で発見、県警が捜査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 滋賀県彦根市の現場

 17日午後2時15分ごろ、滋賀県彦根市薩摩町で、男性(83)が琵琶湖岸にスーツケースが打ち上げられているのを見つけ、中から人の腕のようなものが見えると市職員に連絡した。市から通報を受けた県警が遺体と確認。死体遺棄事件として捜査を始めた。

 県警によると、遺体は腐敗が進み一部が白骨化しており、銀色のシートにくるまれていた。腕と胴体はつながっていた。年齢や性別は不詳。スーツケースは破損した状態だった。

 県警は遺体を詳しく調べ、身元確認を進める。

 現場はJR彦根駅の南西約10キロ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事