捕獲のニシキヘビ、茨城の業者へ 横浜の動物園で保護
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 捕獲されたアミメニシキヘビ=22日、横浜市戸塚区(日本爬虫類両生類協会の白輪剛史理事長提供)

 横浜市戸塚区のアパートで飼われていたケージから逃げ出し、22日に飼い主の男性が住んでいた部屋の屋根裏で捕獲された体長約3・5メートルのアミメニシキヘビが、近く茨城県内の販売業者に譲渡されることが24日、横浜市への取材で分かった。ヘビは現在、野毛山動物園(同市西区)で保護されている。

 ヘビは男性がアパート2階で飼育しており、男性が6日夜に帰宅した際に、ケージにいないことに気付いた。県警や消防が周辺を捜索したが見つからず、日本爬虫類両生類協会の関係者が22日、アパート屋根裏の鉄骨の上でとぐろを巻いているのを発見し、捕まえた。ヘビは横浜市が管理していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事