選手村好評、日本食が人気 村長、ボランティアに感謝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見する選手村の村長の川淵三郎氏=31日午前、東京都江東区

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、各国・地域の選手団が生活拠点とする東京・晴海の選手村の利用状況について説明し、スタッフの「おもてなし」が好評を得ていると明らかにした。村内の食堂では日本食が一番人気で、五輪関連グッズが購入できる販売店には連日選手らが詰めかけているという。

 村長を務める日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏は同日の記者会見で、食堂などで少しでも汚れている場所があるとボランティアがすぐに掃除しているといい「ボランティアなくして五輪の成功はない。心から感謝している」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事