熱海の盛り土、賠償請求を検討 土石流1カ月、5人が行方不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大規模土石流で崩落した起点の盛り土を巡り、記者会見する住民の太田滋さん(右)ら=2日午前、静岡県熱海市

 静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流で被災した住民が2日、市内で記者会見し、崩落した起点の盛り土を巡り県や市、土地の所有者らに対し損害賠償の請求を検討していると明らかにした。3日で発生から1カ月。22人の死亡が確認され、なお5人が行方不明となっている。斉藤栄市長は2日、県警と消防による捜索継続を表明。土砂やがれきの完全撤去には2~3カ月かかる見通しで、捜索と並行して進める。

 被害に遭った住民9人が会見し、一部が賠償請求の意思があることを表明した。太田滋さん(64)は「なぜ土砂が流れ込んだのか。原因を含めて追及していきたい」と理由を説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事