猛暑、関東中心に相次ぐ フェーン現象が影響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 強い日差しが照り付ける埼玉県熊谷市内=10日午後

 台風9号から変わった温帯低気圧の影響で、10日は関東甲信を中心に気温が上昇し、最高気温が35度以上の猛暑日となった観測地点が相次いだ。気象庁によると、温帯低気圧が西からの風を引き起こし、山を越える際に熱を帯びて吹き下ろす「フェーン現象」の影響を受けたとしている。

 気象庁によると、10日に全国で気温が最も高くなったのは東京都八王子市の39・0度だった。東京都練馬区、埼玉県鳩山町、同県熊谷市、茨城県土浦市、栃木県佐野市などでも37度を超えた。

 東京都心部でも36・8度にまで上昇し、今年初めての猛暑日となった。11日も真夏日となる地点が多くなる見込み。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事