東大薬学研究棟で火災、1人けが 実験準備か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東大本郷キャンパス内の建物で起きた火災で、はしご車から放水する消防隊=15日午前10時3分、東京都文京区

 15日午前9時5分ごろ、東京都文京区本郷7丁目にある東大本郷キャンパス内の薬学系総合研究棟で火災が発生したと119番があった。警視庁本富士署によると、2階の一室から出火したとみられ、避難した30代の男性警備員が煙を吸い込み軽傷を負った。火元とみられる部屋では、実験の準備のため薬品が機械で温められていたといい、署が因果関係を調べる。

 東京消防庁や署によると、研究棟は10階建てで2、3階部分が燃えた。別の実験の作業をしていた男子学生が火災に気が付き119番した。男子学生は逃げて無事だった。

 東大には消防車が集結し、周囲は一時騒然となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事