パラ、ジョージア選手が傷害疑い 柔道男子、警視庁捜査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京パラリンピックに出場予定の柔道男子のジョージアの選手が、東京都大田区のホテルで60代の男性警備員を突き飛ばし肋骨を折る重傷を負わせたとして、警視庁が傷害容疑で調べていることが16日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、ジョージア選手団のうち1人の新型コロナウイルス感染が確認されたため、ホテルに隔離されていた。12日朝、複数の選手が酒を飲んで騒いでいるのを警備員が注意したところ、突き飛ばされたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事