「プーチン政権に嫌気」 難民認定申請のロシア人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北海道標津町で防犯カメラに写ったロシア人男性ワースフェニックス・ノカルド氏とみられる人物=8月19日(標津町民提供)

 北方領土・国後島から北海道まで「亡命のため泳いで来た」と話し、難民認定を申請しているロシア人男性ワースフェニックス・ノカルド氏(38)が7日までに、収容されている札幌出入国在留管理局で共同通信の取材に応じ「強権体制のロシアから離れたかった。プーチン政権に嫌気が差した」と渡航の理由を語った。「23時間かけ自力で泳いだ」とも明かした。

 ノカルド氏が北海道に渡って以降、国内外のメディアの取材に応じるのは初めて。「今のロシアではプーチン氏に誰も逆らえない。黙っているか、国を出るかのどちらかしかない」と主張。国後島では「明るい展望が見いだせなかった」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事