台風14号、沖縄接近の恐れ 勢力「猛烈」に発達
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 台風14号の5日先予想進路(9日18時現在)

 台風14号は9日午前、勢力が「非常に強い」から「猛烈」に発達し、暴風域を伴ってフィリピンの東を西寄りに進んだ。今後は進路を次第に北西に変え、11日から13日ごろにかけて沖縄に接近する見込み。荒天が予想され、気象庁は早めの対策を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風は10日午前0時現在、フィリピンの東を時速約20キロで西北西へ進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心から半径85キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事