捜査の違法性否定した県に抗議 再審無罪の元看護助手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年にあった患者死亡を巡り、県警に逮捕、殺人罪で懲役12年とされ服役後、再審無罪が確定した元看護助手西山美香さん(41)が国と県に損害賠償を求めた訴訟の進行協議が16日、大津地裁であった。県側が15日付で「患者を心肺停止に陥らせたのは原告(西山さん)」と捜査に違法性はないとする準備書面を地裁に提出したのに対し、西山さん側は撤回を求める意見書を出して抗議した。

 協議後、西山さんは「無罪判決を受けたのに、まさか。怒りを通り越して(何も)物が言えない」などと批判。弁護団の井戸謙一弁護士も「残念で不当な主張だ」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事