東・北日本で大気不安定 北海道は大雨の恐れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 気象庁は22日、寒気を伴う低気圧が日本海から北日本へ進む影響で、23日は東日本と北日本で大気の状態が非常に不安定になると発表した。雷や竜巻などの突風、ひょう、局地的な激しい雨に注意を呼び掛けている。

 特に北海道の日本海側は低気圧に向かって暖かく湿った空気が流入し、上空には寒気が吹き込むため、23日昼すぎから夜のはじめごろにかけて雷を伴う激しい雨が降る恐れがある。23日夕方までの24時間に100ミリの雨が降る可能性があり、土砂災害や浸水、河川の増水に十分な注意が必要だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事