夫婦逮捕は早計と香川県警に抗議 乳児「遺棄」で弁護士
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見する佐藤倫子弁護士=14日午後、高松市

 乳児の遺体を自宅の冷蔵庫に遺棄したとして死体遺棄の疑いで香川県丸亀市の20代夫婦が逮捕された事件で、妻の弁護人を務めた佐藤倫子弁護士は14日、「逮捕は早計だった」とする抗議文を香川県警に提出した。高松地検は5日付で夫婦を不起訴処分としている。

 捜査関係者によると、乳児は死産だった。国の定めで死産は7日以内に居住地などの自治体に届ける義務があるが、夫婦は届けていなかったことなどから逮捕された。高松市で記者会見した佐藤弁護士は「必要な手続きを役場に相談している最中だった」と批判した。

 県警は抗議に関し「コメントは差し控える」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事