元妻殺害容疑で38歳男逮捕 青森、交通事故装ったか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 青森県三沢市の現場

 青森県警は25日、元妻(33)の首を絞めて殺害したとして、殺人の疑いで同県三沢市高野沢2丁目の酪農業千葉修平容疑者(38)を逮捕した。認否は明らかにしていない。

 県警によると、容疑者宅から約10キロ離れた市道で21日早朝、コンクリートブロックに衝突したとみられる元妻の軽乗用車の運転席から本人の遺体が見つかった。現場は通行止め箇所で、ブロックは右折を促す標識の土台だった。周辺には住宅や街灯がなく、県警は殺害後に単独事故を装った可能性もあるとみて、詳しい経緯を調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事