長男暴行死の父に実刑、大津地裁 自宅で踏みつけ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 滋賀県草津市の自宅で昨年8月、当時3歳の長男を踏みつけるなどして死亡させたとして、傷害致死罪に問われた父親の坂野和寛被告(36)の裁判員裁判で、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)は17日、懲役7年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 伊藤裁判長は判決理由で「頭に打撃を加えるなど危険性の高い行為だ。以前も鈍器で頭を殴るなどの暴力があった」と指摘。弁護側は双極性障害(そううつ病)が影響したと主張していたが、比較的安全な布団の上に投げたり、暴行後に妻に電話をしたりしたことから「見境ない行為ではなく、酌量に値しない」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事