千葉小3殺害、初の被告人質問 「女児不明の日は釣りの下見」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年3月、千葉県松戸市立六実第二小3年のベトナム国籍レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた同小の元保護者会長渋谷恭正被告(47)は14日、千葉地裁であった裁判員裁判の被告人質問で「女児の行方不明当日、釣りの準備や下見をしていた」と主張した。被告人質問は初めて。

 これまでの審理で検察側は、リンさんが行方不明になった昨年3月24日、被告の軽乗用車が遺体遺棄現場周辺を走行していたと指摘していた。被告はこの日「子どもと釣りの約束があり、1人で下見に行った後、午後10時ごろにコンビニに寄ってから帰宅した」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事