大阪モノレール、全線で再び運休 異常判明、全車両緊急点検
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大阪モノレール=23日午前、大阪府茨木市の南茨木駅
 大阪モノレール=23日午前、大阪府茨木市の南茨木駅 大阪モノレールが再び運休し、シャッターが下ろされた阪大病院前駅=24日午前、大阪府茨木市

 大阪府北部地震の被災地を走る大阪モノレールを運営する大阪高速鉄道は24日、部品が落下する可能性がある車両が見つかり、全車両を緊急点検するため、全線で始発から運行を見合わせた。18日の地震の影響で運行を停止し、23日に全線復旧したばかりだった。25日始発から本数を減らして再開する。

 同社によると、通常は1編成4両で運行。地震によって車輪に損傷があった1編成を点検した結果、23日夜に台車の部品で、乗り心地を安定させる「ゴムブロック」に損傷が見つかり、落下する恐れがあることが分かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事