1歳児傷害致死で懲役7年 母親と交際の男、横浜地裁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 相模原市のアパートで2016年9月、同居していた交際女性の長男=当時(1)=に暴行して死亡させたとして、傷害致死罪に問われた住所不定、無職太田真司被告(30)の裁判員裁判で、横浜地裁は27日、懲役7年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 判決理由で景山太郎裁判長は、ゲームをしていた太田被告が、長男の泣き声がうるさかったことから暴行を加えたと認定。長男の体調よりもゲームを優先させたのは「身勝手で情状酌量の余地はない」と述べた。

 判決によると、16年9月、交際女性の長男福良颯人ちゃんを毛布にくるみ、のしかかる暴行を加え、低酸素脳症により9日後に死亡させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事