新燃岳の警戒レベル2に引き下げ 火山ガス減少
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 気象庁は28日、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳の噴火警戒レベルを3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げた。火口から2キロメートルを超える範囲に影響する噴火が起こる可能性は低くなったと分析した。

 新燃岳は6月に入ってからも噴火が相次いでいるが、気象庁によると、山体の膨張が確認されず、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量も減っていることから、火口へのマグマの供給が低下しているとみられるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事