事故前に1分間パッシング、大阪 追い抜かれ立腹か、あおり運転
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 堺市南区であおり運転をして追突し、バイクの男性を殺害した疑いで逮捕された警備員中村精寛容疑者(40)が、走行中に男性に追い抜かれた後、約1分間にわたってパッシングなどを繰り返したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警交通捜査課は、追い抜かれたことに腹を立てた犯行とみて調べる。

 交通捜査課によると、あおり運転による死亡事故に殺人容疑を適用するのは異例。

 中村容疑者の乗用車のドライブレコーダーに事故直前、死亡した大学4年高田拓海さん(22)のバイクに左側から追い抜かれ、後を追うように右車線に進路変更するなどの様子が記録されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事