警視庁が五輪対策会議 吉田総監「部門の垣根越え連携」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 警視庁本部で開かれた東京五輪・パラリンピックに向けた総合対策委員会=17日午前

 開幕まで間もなく2年となる2020年東京五輪・パラリンピックに向け、警視庁は17日、同庁本部で、大会期間中の警備や交通の課題に関する総合対策委員会を開いた。吉田尚正警視総監は「警視庁の真価が問われる。部門の垣根を越え、関係機関と緊密に連携し課題解消に努めてほしい」と訓示。警備部など各部が取り組み状況を報告した。

 吉田総監は「来年は重要な国家的行事が多く、今年後半に五輪関係の取り組みをどれだけ進められるかが重要だ」と訴えた。一方、会場の警備に当たる警察官らの猛暑対策が重要なテーマとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事