あおり運転直前に飲酒 立件は断念、殺人罪起訴の男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 堺市南区で乗用車にあおり運転された上に追突されたバイクの男性が死亡した事件で、殺人罪で起訴された警備員中村精寛被告(40)=堺市南区=が直前に酒を飲んでいたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。飲酒を認めている。

 捜査関係者によると、アルコールの基準値を下回ったことから、大阪府警は道交法違反(酒気帯び運転)容疑での立件を断念。殺人容疑の送検時に処罰意見を付けることも見送ったが、公判で、より重い判決を求める証拠として採用される可能性がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事