内部進学の模試解答を事前閲覧 ネット流出か、関西大合否に活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関西大北陽高(大阪市東淀川区)の一部生徒が、関西大への内部進学に使われる民間業者の模擬試験の解答を事前に閲覧していたことが24日、関西大への取材で分かった。解答はインターネット上に流出していたとみられ、関西大は「公平な選考が損なわれる」と判断、模試の合否判定への活用を見直す方向で検討している。

 問題になったのはベネッセコーポレーション(岡山市)が提供する7月実施向けの模試。関西大の付属校3校は6月30日に実施。3年生900人弱が受験した。「解答がネット上で入手できるのではないか」との匿名電話が7月上旬にあり、受験生徒にアンケートを実施するなどしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事