商店街暴走車、奈良県内で発見 逃走男の行方捜査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パトカーに追跡された軽乗用車が奈良市の近鉄奈良駅近くの商店街で暴走した事件で、車が奈良県内で発見されていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。男2人が乗っていたとみられ、奈良署は道交法違反の疑いで行方を追っている。

 同署によると、1日午後0時半ごろ、奈良市中心部でパトロール中の警察官の付近を車がスピードを上げて逃走。近鉄奈良駅近くの東向北商店街を通り約4分間走行した。その後、別の商店街を走って逃げた。いずれの商店街も車両の通行は禁止されている。けが人はいなかった。

 現場周辺には東大寺や奈良公園などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事