日大チア女子部員がコメント パワハラ、解決法見えず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本大応援リーダー部(チアリーディング部)の女子部員がパワハラ被害を訴え、女性監督が解任された問題で、この女子部員が14日、代理人弁護士を通じコメントを出し「(被害が)報道された途端、解任された。どう解決すればいいのか分からない。後任の指導者がいない部員に影響が大きく、心配している」との心境を明らかにした。

 コメントによると、解任は報道で知り、大学から説明や報告は一切ないという。女子部員は、解任された監督だけが「厳しく注意した理由や根拠を明確にできる」と指摘。「学内の調査結果が出てから、処分をすべきではないか」と主張している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事