栃木、強盗致死罪で男を起訴 82歳男性殺害
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 栃木県栃木市柏倉町の無職大阿久徳次さん(82)が自宅で殺害、現金が奪われるなどした事件で、宇都宮地検は19日、同市の自称とび職石崎太容疑者(34)を強盗致死などの罪で起訴、宇都宮市の少年(19)を強盗致死などの疑いで宇都宮家裁に送致した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、石崎被告らは7月26日午前0時ごろ、大阿久さんの顔や頭に暴行を加えて死亡させた上、同居の長男正一さん(59)の顔面を殴るなどしてけがを負わせ、現金約30万円などを奪った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事