容疑者逃走「申し訳ない」 大阪府警本部長、改めて謝罪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大阪府警富田林署で謝罪の言葉を述べる広田耕一府警本部長=20日午後

 大阪府警富田林署から勾留中の無職樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件で、府警の広田耕一本部長が20日、捜査本部が置かれた富田林署を視察した。報道陣の取材に「府民に多大な不安と心配を掛け、大変申し訳なく思っている」と改めて謝罪した。

 広田本部長は午後3時半ごろ署に到着。接見室や逃走したとみられる経路を視察し、捜査状況を確認。早期の解決を図るよう訓示した。報道陣から逃走の原因について問われると「接見室の設備や運用などいろいろな問題が重なった。二度と起きないよう再発防止策を徹底する」と述べた。

 広田本部長は15日に謝罪のコメントを出していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事