嫡出否認の民法規定は合憲 元無戸籍原告ら二審も敗訴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「嫡出否認」を巡る訴訟の控訴審判決のため大阪高裁に向かう原告ら=30日午後

 生まれた子どもの父親であることを法的に否定する「嫡出否認」の訴えを起こす権利を、夫のみに認めた民法の規定は男女同権を定めた憲法に反し、無戸籍となり不利益を受けたとして神戸市の60代女性らが国に計220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(江口とし子裁判長)は30日、「規定は父子関係を早期に確定させ、子に利益がある」とし、憲法違反には当たらないと判断した。

 その上で、請求を退けた昨年11月の一審神戸地裁判決を支持、原告側の控訴を棄却した。原告側は上告する方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事