自宅で発電機、CO中毒死 男性2人、停電影響か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北海道警は7日、閉め切った自宅の室内で、ガソリン式の小型発電機を使っていた道内の男性2人が、一酸化炭素(CO)中毒で死亡したと発表した。地震による停電で発電機を使った可能性があり、道警は十分な換気を呼び掛けている。

 道警によると、男性2人は標津町の40代会社員と、上富良野町の70代自営業。いずれも1人暮らしで、発電機を玄関付近で使っており、7日朝に室内で倒れているのを親族や同僚が見つけた。両町では地震による停電が続いていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事